English     
Japanese

OCI (海外インド市民権)
ホーム › 領事業務 › OCI
Extension of date for submission of application for registration as OCI card holder in lieu of the PIO Card online.                

海外インド市民権 (Overseas Citizenship of India, OCI) スキーム 

インドから移住し、パキスタンとバングラデシュ以外の外国の市民権を得た特定の区分に属するインド系移民(PIO)は、母国において二重市民権が法律に基づき許可されている場合、OCIを受けることができます。

海外インド市民権を登録した人は、選挙権を持たず、上院・下院・州議会・地方議会への被選挙権がなく、大統領、副大統領、最高裁判所および高等裁判所の裁判官等の憲法上の役職を務めることはできません。OCIカード保持者は以下の恩恵をうけることができます。

1. インドへの複数回入国、インド訪問のための多目的無期限ビザ

2.いかなる長さのインド滞在においても、警察当局への連絡が免除される

3. 農業またはプランテーションの資産取得を除く、金融、経済、教育分野におけるNRIとの同等性

4. OCI カード保持者は、5年以上OCIとして登録しており、その5年のうち1年以上は、インド市民権の申請をする前にインドで居住している場合、1955年の市民法5項(1)(g)にもとづき、インド市民権を申請することができます。

5. OCIカードの申請は、インドの大使館または在外公館であればどこでも所定用紙で申請することができます。

6. 申請料は申請者1人につき 275米ドルです。PIOカード所持者の場合は、料金は25米ドルです。OCIカード申請をしても認められなかった場合は、250米ドルは返還されます。

7. OCIスキームの詳細についてはホームページwww.mha.nic.in を参照してください。

オンラインでのOCI 登録には、申請者は直接 https://passport.gov.in/ociを参照してください。

「U」ビザが添付されているOCI保持者のパスポートの有効期限が切れた場合は、新しい「U」ビザをオンラインで申請し、新規の登録小冊子とともに新規パスポートに添付する。その他の業務に対するOCI申請書は、3750円とともに大使館へ提出する。  

オンラインのOCIのその他の業務の登録を行うには、直接ホームページ  https://passport.gov.in/oci を参照すること。

OCIサービスの料金は下記の通りです。


S.No.

業務の種類

日本円でのサービス料

1.

新規OCIカード

41250

2.

PIOカード保持者(成人)のOCIカード

3750

3.

PIOカード保持者(18才までの未成年者)のOCIカード

21750

4.

OCIカードの再発行

3750

5.

OCI書類の紛失または破損によるOCIカードの再発行

15000

 

 

 

料金の支払いは、日本円でのみ受け付けます。上記料金に加え、ICWFのために200円が請求されます。

上記の手続き全体は、およそ4~6週間かかります。

より詳しいOCIと申請の手続きについては、こちら を参照してください。

OCIカードを受け取るには、以下の書類が必要となります。

1. 申請者の現在の有効なパスポート
2. 無効になったインド国パスポートまたはインド大使館・在外公館・インド外務省が発行した無効証明書
3. PIOカードにもとづいて申請した場合は、P I Oカード
4. 申請書を提出した際の料金支払いの受領書

書類は、営業日の午前9:00から午前11:00の間に受け付けます。返却は、担当官が受渡日として通知した日の午後16:00から午後17:00の間に行います。