English     
Japanese

よくある質問-ビザについて
ホーム › 領事業務 › よくある質問 >ビザ

よくある質問の答えが以下に掲載されています。もしお知りになりたい内容が含まれていない場合は、 attcons@indembassy-tokyo.gov.in にメールでお問い合わせください。申請中の書類についてのお問い合わせは、受領証に記載されている交付予定日以降にお願いします。お問い合わせの際は、受領証番号、日付、名前、何を申請しているのか等の詳細を明記してください。 こちらからの返答は3営業日以降となりますことをご了承ください。
以下に掲載されている答えは一般的なもので、場合によって例外もあることをご了承ください。

ビザ一般

1:申請書の処理にかなり時間がかかるようなので、申請後に私のパスポートを返してもらい、大使館が申請書を処理している間、こちらで保管することは可能でしょうか?

答え:はい、:例外的な場合にのみ認められます。あなたの申請書が処理されている間パスポートを自分で持っていたい理由を正確に記載した申請書を用意して、インドビザ申請センター(IVAC)に連絡してください。また、パスポートの主要なページのコピーを(日本以外の国のパスポートを所持している方は、日本のビザが記載されているページを含めて)提出してください。交付日の二日前には、あなたのパスポートをIVACに再提出しなければなりません。

2:FRO (外国人登録局) / FRRO(外国人地域登録局)に登録する必要があるのは、どのような人でしょうか?

答え:こちらのリンクを見てください。 リンク 

3:日本国民は日本でしかインドのビザを申請できないのでしょうか?他の国のインド大使館/領事館ではできませんか?

答え: 日本国民はどの国のインド大使館、領事館でもインドのビザを申請できます。しかし、日本で申請する場合よりも長い期間が必要になり、料金も高くなります。

4:.犬、猫、鳥などのペットをインドに連れていくことはできますか?

答え:現行のインドへのペットの輸入に関する政策に従い、インド政府はインド国外で二年間継続して居住した後にインドに転居する人に限って、二匹のペットを荷物としてインドに輸入することを認めています。ただし、原産地で発行された衛生証明書を提出し、該当するペットがインドの検疫官による検査を受けることが条件となります。航空会社にもお問い合わせください。

5: インドに渡航する場合、私がAIDSなどの病気ではないことを証明する健康証明書を所持しなければなりませんか?

答え:いいえ。

6:インドに渡航する場合、どのような通貨を持っていけばよいでしょうか?

答え:アメリカドル、イギリスポンド、ユーロ、日本円などの主要経済国の通貨はインドで両替可能です。

7:ビザの緊急発行は可能ですか?

答え:はい、しかし事例によります。追加料金がかかります。

観光ビザ(Tourist Visa)

8:. 私は一般の外国人ですが、インドに渡航するのにビザが必要ですか?I

答え:はい。ネパール人、ブータン人、モルディブ人以外の外国人がインドに渡航するにはビザが必要です。

9:観光のためインドに渡航するには、どのようなビザが必要ですか?

答え:観光ビザ(Tourist visa)です。

10:観光ビザを申請するための必要書類は?

答え: こちらの表を参照してください。ビザ業務

11:インド滞在中に観光ビザを延長することは可能ですか?

答え:いいえ。

12:病気や他のやむを得ない理由で、インドにビザの有効期間が過ぎてからも滞在しなければならない場合は、どうなりますか?

答え:最寄りの外国人登録局(FRO)に問題を報告してください。外国人地域登録局(FRRO) のリストは、FRROのサイトで確認することができます。

ビジネスビザ (Business Visa)

13インドのビジネスビザを取得するために必要な書類は?

答え:次のリンク内のリストを参照してください。ビザ業務.

14ビジネスビザの通常の有効期間は?

答え:ビジネスマルチプルビザの有効期間は5年以内です

15.一年のビジネスビザで インドに一年間継続して滞在することは可能ですか? 

答え:はい、FRRO(外国人地域登録局)に登録することが条件になります。

16インドにビジネスビザで入国した場合、インドで就労することは可能ですか?

答え:いいえ。

17インド入国後に、私のビジネスビザを雇用ビザ、学生ビザやその他のビザに変更することはできますか? 

答え: いいえ。

18 インド滞在中に私のビジネスビザの有効期限が切れた場合、インドでビジネスビザを延長することができますか?

答え:はい。最寄りのFRRO(外国人地域登録局)/FRO(外国人登録局)に連絡しなければなりません。

学生ビザ(Student Visa)/ 研究ビザ(Research Visa)

19学生ビザまたは研究ビザを取得するために必要な書類は?

答え: 次のリンクを参照してください。 Visa Services.

20学生ビザ(Student Visa)と研究ビザ(Research Visa)に違いはありますか?

答え:学生ビザの場合はインド査証申請センター(IVAC)に直接申請してください。研究ビザの場合は、まずインド大使館のプレス情報文化部門(PIC Wing)に連絡して、 許可を受けてください(詳細についてはこちらにお問い合わせください fspic@indembassy-tokyo.gov.in)。PIC Wingの許可が出た後、適切なビザを取得するためにインド査証センター(IVAC)に行ってください。

23 インドに学生ビザや研究ビザで入国した後、通う短期大学や専門学校、大学を自分で変更しても良いのでしょうか?

答え:いいえ。内務省の許可を得て変更ができる例外的な場合もあります。

24学生ビザ/研究ビザを取得して所定の課程を修了した後、インドでビザを延長して新たな課程を履修することは可能ですか?

答え:はい、可能です。認定された教育機関であることが条件になります。また、インド国内の最寄りのFRO (外国人登録局) / FRRO(外国人地域登録局)に連絡してください。 :

制限区域許可(RAP)/保護区域許可(PAP)

25 有効な観光ビザを所持していれば、インド国内のどこにでも行けますか? 

答え:いいえ。あなたが有効なインドのビザを所持したとしても、アルナチャル・プラデシュArunachal Pradeshやシッキム(Sikkim一部は保護区域で一部は制限区域)、ヒマチャル・プラデッシュ(Himachal Pradesh)、ウッタラカンドUttarakhand、ジャム・カシミールJammu & Kashmir、ラジャスタンRajasthanの複数の地域やアンダマン・ニコバル諸島Andaman & Nicobar Islands に立ち入ることはできません。

26これらの地域に立ち入るにはどうすれば良いのですか?

答え:これらの地域に立ち入るには、インドのビザに加え、制限区域許可(RAP)/保護区域許可(PAP) が必要です。

27:制限区域許可(RAP)/保護区域許可(PAP)を所持していれば、これらの地域すべてに立ち入ることができるのですか?

答え:制限区域許可(RAP)/保護区域許可(PAP)所持していても、アルナチャル・プラデシュ、アンダマン・ニコバル諸島、シッキムの特定の複数の区域にしか入れません。

28観光客が許可証を持って立ち入れるこれらの地域では、どのくらいの期間の滞在が許されているのですか?

答え: アルナチャル・プラデシュ―30日間;ヒマチャル・プラデシュ ―30日間;ジャム・カシミール― 7日間; アンダマン・ニコバル諸島― 45日間; シッキム― 15 日間。 : 滞在期間はその区域に入った日から、出発する日までを数えます。

29特別許可には料金がかかるのでしょうか? 

答え:はい制限区域許可(RAP)4,125円です。ただし、アフガニスタン、アルゼンチン、バングラデッシュ、北朝鮮、ジャマイカ、モルディブ、モーリシャス、モンゴル、南アフリカ、ウルグアイ、ネパール、ブータン、パキスタンの国民はこの料金を免除されます。

30:制限区域許可(RAP)/保護区域許可(PAP)用の特別な申請書に記入する必要がありますか?

答え:はい。用紙はこちらからダウンロードできます。

31プロ仕様ビデオカメラや写真用カメラを個人使用の目的で持ち込むことは可能ですか? 

答え:はい。旅客が持ち運ぶすべてのプロ仕様機機材は、通関手続きをする空港や港の税関で申告する必要があります。

32観光ビザをインド到着後に学生ビザ、ビジネスビザ、その他のビザに変更することはできますか?

答え:いいえ。

33観光ビザの有効期間はどれくらいですか?またインドの観光ビザで何回入国が可能ですか?

答え:一般的に観光ビザは6カ月間有効で、複数回入国が可能です。しかし国籍によって、異なった有効期間と入国可能回数が定められている場合があります。

34インドのビザの有効期間は交付日から始まるのでしょうか、それともインドへ入国した日からでしょうか?

答え:インドのビザの有効期間は交付日から始まります。

35観光ビザで入国した後、ヨガのクラスに参加したり、ちょっとしたビジネスをしたり、短期の課程を履修したりというような他の活動はできるのでしょうか? 

答え:いいえ。そのような場合は、適切なビザを申請してください。